スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水木しげるが体験した超常現象

【話題】 水木しげるが体験した超常現象
2011/09/13- ニュース二軍+板 より
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1315903026/8

1 :影の軍団(第弐拾八期首席卒業生)ρ ★:2011/09/13(火) 17:37:06.69 ID:???
ゲゲゲの鬼太郎の作者で有名な、漫画家の水木しげるは戦時中に南方戦線のラバウルへと派遣され、
壮絶な戦場を経験してきた。その際彼は、戦場で幾つもの超常現象を体験したという。
 
その中でも彼が、バイエンの戦場に10名の分隊で派遣された時だった。敵は待ち伏せをしており、
彼の部隊は奇襲を受けた。激しい銃撃を浴びて、部隊は水木しげる一人のみを残して全滅したという。

敵はなおも逃げる水木しげるの後を、執拗に追いかけて来た。その時彼はもう駄目だと思い、
両親に最後の別れをしようと心の中で思い出していたという。

その時、母親は水木しげるが岩場で逃げている姿を夢に見たそうである。水木しげるの夢を見た母親は、
彼の身に不吉なことを起こるのを防ぐために、寝ている父親を起こして、一緒に必死で無事を祈ったそうである。

戦後、母親からその話を聞いて、彼は両親のテレパシーで命を助けられたのだと思ったという。

ある日の夜、彼が一人ぼっちでジャングルを逃げ回っている時だった。彼は友軍の陣地へと目指し、
ジャングルの中を進んでいた。その内に突然、前に進めなくなったと言う。目の前に何と、壁が立っていたというのである。
彼が手で触れると、壁はコールタールみたいな柔らかい感じがしたという。そして水木しげるが大きさを見ようとすると、
それはとてつもない大きさだった。

その時、激しい睡魔に襲われて、水木しげるはその場で眠り込んでしまった。
翌日彼が目を覚ますと、なんと彼の居た場所は断崖の絶壁だったという。これ以上あの時進んでいれば、
彼は危うく命を落とす所だったのだ。ジャングルに現れた妖怪「塗り壁」に彼は命を守って貰ったのである。

後日、彼がゲゲゲの鬼太郎を描いた際、「塗り壁」を善良な妖怪として描くのはそうした体験があったからだそうだ。
http://npn.co.jp/article/detail/47153346/

スポンサーサイト
[ 2011/09/14 08:26 ] 人物別情報 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。