スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陰謀論とは何か 副島隆彦

陰謀論とは何か 副島 隆彦著

陰謀論者の烙印を押された著者が、陰謀論の誕生と歴史、フリーメイソンに始まる代表的陰謀論の真偽を解き明かす。日本一わかりやすくて正直な全貌究明本。

経済[作]2012-09-18 21:16

引用元: 【夢大陸】副島隆彦を語るスレ45【詐欺】



222: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/29(土) 21:18:34.78


  副 島 の 最 新 著 作 が 出 は し た が  相 も 変 ら ぬ 駄 説 の 山 々


   駄 論 な れ ど 放 置 い た せ ば 有 害 ぞ し ば し チ ク チ ク い じ め る と せ ん


227: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 00:16:59.26

新著『陰謀論とは何か』の中で唯一著者の心の奥が垣間見えたのは、あとがきのところで
さんざん陰謀論の側に立って発言してきたあげく「最近はもう私が何を書いても相手にされ
なくなった」とあることだ。そしてさらに「私に勝てると思う人間がいなくなったようである。
私はここまで豪語する」と結ぶのだが、この言い方は、もう引くに引けないという居直りの宣言
以外のなにものでもない。とにかく彼は、一度言い出したことは絶対に下げない。新著で例を
あげれば、スチネットの真珠湾陰謀説やホロコースト捏造説、9.11テロ=アメリカ自作自演説等々、
いずれもとっくにそのデタラメなことが立証されているのに副島は平然として繰り返している。
というか、平然のふりをしている。引っ込みがつかなくなっているのを悟られまいとしているのだ。
マトモな人間から相手にされないんだ。自業自得じゃないか。


232: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 10:24:22.50

副島の奴は、本当は陰謀論者だなんて呼ばれたくないなどと、妙に弱気っぽいポーズを示し、
その癖何を言うかと思うと、爬虫類人陰謀論なんかはいくら私でも拒否するとしながら、
ユダヤとかフリーメーソンとかイルミナティとか通俗陰謀論でおなじみの「悪の元凶」は
みな本当のことだと抜かしやがる。いくら陰謀論を「権力者共同謀議はある論」と言いか
えたって駄目なものは駄目だ。conspiracy theoryがインチキ説だってことは、本場の
アメリカでだって同じだ。永久に知的市民権を得られない点に変わりはないんだぜ。
 


233: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 10:30:55.95


 誰 か ら も 相 手 に さ れ な く な っ た と 嘆 く な か れ 2 ち ゃ ん ね る で は 相 手 は 存 分


236: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 14:46:13.54

副島サンよ。『陰謀論とは何か』の中では今年立て続けに出た反陰謀論の本について
少しは言及したのかね? 員簿論は正しいと言うのなら反陰謀論への批判があってしかる
べきだろ。このうち講談社現代新書の辻隆太朗の『世界の陰謀論を読み解く』はユダヤ、
フリーメーソン、イルミナティの「御三家」をめぐる陰謀論がいかに荒唐無稽かを立証し、
新潮新書の秦郁彦の『陰謀史観』は日本に関する陰謀論がいかに史実と反しているかが縷々
述べられている。スチネットのルーズヴェルト陰謀説なんかがいかにデタラメきわまりない
ものかが明らかだ。だがお前さんは辻も秦も受け入れられんのだろ。それは勝手だが、なぜ
受け入れられないのか、ちゃんと論拠を示したっていいんじゃないかね。それが出来ないのは、
専門家と議論するのが怖いからなんだろ、この卑怯者!


241: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/10/01(月) 10:47:27.95

副島のウイーク・ポイント、まともな読書人からは無視されていること。
近著のあとがきにいわく、最近はもう私が何を書いても相手にされなくなったと。
他方で彼は、自分が書いた(本当かよ、なにしろ30年間で120冊つまり年平均4冊だと
言うんだぜ。いかに代筆だらけってことだな)の半数以上は大型書店の週間ベストセラーに
なったと豪語している。まあ、扇情的な本というのは常に一定の阿呆の支持を得るだろうけどな。
今回の本だって、中には「先生の御著書に目が洗われる思いでした、スゴい名著です」などと
安感激のメールを送る者もいて不思議じゃない。けれどもそうした読者がクズだってことは、
副島自身がよおっく承知していることだ。ちゃんとした人間じゃないってな。だからこそ
「相手にされなくなった」などと珍しく弱音を吐くんだ。彼のような根っからの権威主義者には
アカデミックな支持が得られないことがどんなに屈辱か。でもこの屈辱は永遠に晴れないぜ。


245: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/10/01(月) 20:53:15.81

>>241
うまいこと言ってくれて有難う。



価格:¥ 777
著者:
テーマ:陰謀論
新書:218ページ
出版社:幻冬舎 (2012/9/28)
スポンサーサイト
[ 2012/10/29 16:41 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(0) | CM(0)

世界リセット計画 人類を支配する権力マフィア「陰謀録」 ベンジャミン・フルフォード

世界リセット計画 人類を支配する権力マフィア「陰謀録」
ベンジャミン・フルフォード著


[ 2012/08/07 17:02 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(-) | CM(0)

陰謀史観 秦郁彦

陰謀史観 秦郁彦著

明治維新、日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第2次世界大戦、東京裁判や日本の戦後占領政策、またナチス、コミンテルン、CIAの諜報やフリーメーソンなどについて囁かれる陰謀説を、日本とのかかわりについてを中心に懐疑的な観点から検証する本。著者の博覧強記と徹底した調査がその背景となる。

よく知らない人や信じていない人からすれば、「そうかやっぱり陰謀なんてないんだ。妄想なんだ」と思う方向に導かれるでしょう。

どうせ陰謀を信じている人はこうした「まともな見識」で否定されても、くじけないでしょうが。

どっちにしても陰謀論に関する基本的な資料本や、また、田母神氏などの最近の論なども扱っているので、そうした最新説?への否定派の動き・考えを知っておくためにも?愛好家必携の書でしょうか?

著者関連スレの例:
●● 秦郁彦氏を語るスレ2 ●●
日本近代史[作]2007-11-03 02:09
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1194023393/l50

価格:¥777
著者:秦郁彦
テーマ:陰謀論:懐疑
単行本: 256ページ
出版社: 新潮社 (2012/4/17)



[ 2012/05/18 12:24 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(1) | CM(0)

日月神示 立直しの「超」暗号 中矢伸一

微量の放射線は全く問題なく、むしろ健康に寄与するという考えを基本に、放射線=怖いというのはうそであり、意図的につくられたものであるという主張。そして、これからの世の方向を日月神示研究の観点から導く、という内容。

副島隆彦氏をゲストに迎えた対談も収録し、ともに『放射線怖い派』を撃滅しようということで一致。

日月神示によれば、放射線の心配は無用で、「原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ」という。

もちろん、預言書に頼るばかりでなく、自然の放射線レベルが高い地域はがんが少ない、といった客観的なデータも使って議論。

さらに、放射線よりも活性酸素の害のほうが1000万倍も強いとして、本当に危険なものは別にある、という話も。

福島で今後10万人のがん発生説は大嘘であり、福島は大変なところではなく、以上のことに加え、むしろミロクは「福」の島から始まる!ので、福島の人は安心して欲しいということですが、この本を福島の人が読んだらどう思うでしょうか?

骨なし日本からの垂直転換
日月神示 立直しの「超」暗号
ミロクは「福」の島から始まる!
著者:中矢伸一

単行本: 320ページ 価格:¥1,785
出版社: ヒカルランド (2012/5/1)

[ 2012/05/13 11:32 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(1) | CM(0)

金融ワンワールド 地球経済の管理者たち 落合莞爾

金融ワンワールド 地球経済の管理者たち 落合莞爾

地球経済を統べる者たちは実在する…世界の金融経済の裏のウラを熟知した男、15年ぶりの書き下ろし!という触れ込み。

通貨を創造して通用させ、国家に貸して金利を得てきた勢力を「金融ワンワールド」と呼び、彼らこそが地球経済を統べる者ということ。

内容・ジャンル的にはいわゆる陰謀論の本でしょうし、愛好家なら題名だけでピンと来るでしょうが、よく考えずに世界経済の本だと思って買った人は思考停止するかもしれません。

ユダヤ日本論などが唐突に登場するなど、慣れている人?にはそうでもありませんが…。なぜマネーの解説書に稗田阿礼が出てくるのか・・・と思うようではまだまだ初級者?

落合莞爾氏には、『天才画家<佐伯祐三>真贋事件の真実』=1997年、時事通信社刊という著作もあり、陰謀だけの人ではないようです。15年ぶりの書き下ろしということで、間が空いていたようです。

昭和16年和歌山市生まれ、東京大学法学部卒、住友金属、経済企画庁調査局、野村證券を経て、昭和53年落合莞爾事務所設立、株式会社新事業開発本部社長などの経歴。

単行本: 260ページ ¥ 1,785
出版社: 成甲書房; 初版 (2012/4/20)

落合莞爾関連スレ
佐伯祐三真贋事件 について 
美術鑑賞 [作]2001-09-13 03:00
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1000317620/l50
1 : Uzo Saeki : 01/09/13 03:00: 数年前に福井県武生市に寄贈することで起こった 佐伯祐三の真贋事件に 関して論じましょう。 TBSの「報道特集」で興味を持って落合 莞爾さんの本「佐伯祐三真贋事件の真実」を読みました。 読んでみて、これはどうみても 本物 ...logsoku.com/thread/academy.2ch.net/gallery/1000317620/

amazonで見る



[ 2012/05/09 12:52 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(1) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。