スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松尾貴史の「超常現象・都市伝説」 松尾貴史

「懐疑派」として知られるタレントによる、「懐疑的な論点からの」「超常現象・都市伝説」。

著者はテレビなどでもオカルト・超常現象懐疑派としてよく知られているだけに、この本を「超常現象・都市伝説」ガイドとして勘違いして買う人は少ないでしょう。

ただ、題名だけ見ると、「超常現象・都市伝説」ガイドのようにも見えるので、初心者?が間違えて買うこともあるでしょうか?

それでも、本の表紙をよく見ると、松尾貴史の「笑う」「超常現象・都市伝説」とあるので、ビリーバーの視点からの本ではないことはわかるようになっています。

内容的にはと学会やASIOSのように深く掘り下げて説明するというよりは、常識的、定説的なところからの反論のようになっているようで、上級者には食い足りないでしょうか?

まえがきにある、「振り込め詐欺やインチキ霊能者に騙されないくらいの懐疑精神を持ち合わせていたい」という著者の姿勢がすべての基本のようであり、世間の人にもそうなってもらえれば、こうした被害も減るだろうということでしょうか?

オカルトや超常現象を愛好しつつも、振り込め詐欺やインチキ霊能者にはひっかからないのが本当でしょう。

著者関連スレ
世田谷ラジウム発見、松尾貴史さん向かいに住んでいた
痛いニュース+[作]2011-10-14 22:50
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1318600231/l50

著者:松尾貴史
価格:¥ 680
単行本(ソフトカバー): 277ページ
出版社: PHP研究所 (2012/3/20)



スポンサーサイト
[ 2012/05/15 12:26 ] 書籍情報 懐疑派 | TB(1) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。