スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ムー』編集長 「ムーはオカルト雑誌じゃない。ムーは哲学誌」



引用元: 【出版】『ムー』編集長 「ムーはオカルト雑誌じゃない。ムーは哲学誌」(NEWSポストセブン)[12/11/30]

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2012/11/30(金) 11:07:12.86 ID:???

10月14日発売の雑誌『ケトル』は、特集のテーマとして“雑誌”をピックアップ。
BRUTUS、an・an、VERY、JT時刻表、nicola、NHKラジオ基礎英語、Pen、
スタジオ・ボイス、rockin’on.……ありとあらゆるジャンルの雑誌にまつわる情報を
取り上げている。
今回取り上げるのは、“日本一謎な雑誌”『ムー』。
「世界の謎と不思議に挑戦する」をコンセプトに掲げる『ムー』のカリスマ編集長・
三上丈晴氏に会いに行ってみた。

 * * *

その謎な人柄と博識さでムー民(『ムー』読者のこと)から絶大な人気を誇る三上氏は美
声でも有名で、彼の声が聴けるアプリまで販売されている。
ケトル記者に、
「多くの人たちは、『世の中のことが解明されている』と勘違いしているんです。
たとえばピラミッド、あれはどうやって造られたか知ってますか?」と問いかけた
三上氏。「人々が丸太で石を運んで…」と恐る恐る答えると、三上氏はこう答えた。
「それは嘘です。建築家に聞けばわかりますが、そんな方法じゃ絶対にピラミッドは
造れない。みなさんが習っていることは、考古学者の学説のひとつにすぎないんです。
この世で常識だと思われていることの大半は、実は常識ではない。
『ムー』は日本で唯一“真実”が書いてある雑誌なんです」

読者には常に新しい情報を提供するべく、暇さえあれば科学者や専門家に取材し、
新たな謎を探している三上氏。
編集部員を「普通のサラリーマン」と評する三上氏は、『ムー』という雑誌を
こう分析する。
「『ムー』はよく“オカルト雑誌”と言われるんです。
でも、神秘的なものなら“オカルト”だけど、UFOやUMAは科学だし、ピラミッドなら
歴史学。神や仏なら宗教学になる。これらの事象を指して“ムー的”なんて言いますが、
本当はこれらを総括する言葉もあるんです。それは“哲学”。つまり『ムー』は哲学誌
なんです」

UFOからUMA、都市伝説まで幅広いジャンルを扱う『ムー』は、もともと、学研の
『科学と学習』の人気特集が雑誌化したもので、当初は芸能記事やアニメ記事なども
あったとか。
今では“ムー的なもの”に一本化されたが、「ムー民広場」などのおたよりページには
学習誌の名残があるようだ。

◆ケトル VOL.09(10月14日発売/太田出版)

ソースは
http://www.news-postseven.com/archives/20121130_157892.html



スポンサーサイト
[ 2012/12/03 22:32 ] 書籍情報 雑誌 | TB(0) | CM(0)

陰謀論とは何か 副島隆彦

陰謀論とは何か 副島 隆彦著

陰謀論者の烙印を押された著者が、陰謀論の誕生と歴史、フリーメイソンに始まる代表的陰謀論の真偽を解き明かす。日本一わかりやすくて正直な全貌究明本。

経済[作]2012-09-18 21:16

引用元: 【夢大陸】副島隆彦を語るスレ45【詐欺】



222: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/29(土) 21:18:34.78


  副 島 の 最 新 著 作 が 出 は し た が  相 も 変 ら ぬ 駄 説 の 山 々


   駄 論 な れ ど 放 置 い た せ ば 有 害 ぞ し ば し チ ク チ ク い じ め る と せ ん


227: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 00:16:59.26

新著『陰謀論とは何か』の中で唯一著者の心の奥が垣間見えたのは、あとがきのところで
さんざん陰謀論の側に立って発言してきたあげく「最近はもう私が何を書いても相手にされ
なくなった」とあることだ。そしてさらに「私に勝てると思う人間がいなくなったようである。
私はここまで豪語する」と結ぶのだが、この言い方は、もう引くに引けないという居直りの宣言
以外のなにものでもない。とにかく彼は、一度言い出したことは絶対に下げない。新著で例を
あげれば、スチネットの真珠湾陰謀説やホロコースト捏造説、9.11テロ=アメリカ自作自演説等々、
いずれもとっくにそのデタラメなことが立証されているのに副島は平然として繰り返している。
というか、平然のふりをしている。引っ込みがつかなくなっているのを悟られまいとしているのだ。
マトモな人間から相手にされないんだ。自業自得じゃないか。


232: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 10:24:22.50

副島の奴は、本当は陰謀論者だなんて呼ばれたくないなどと、妙に弱気っぽいポーズを示し、
その癖何を言うかと思うと、爬虫類人陰謀論なんかはいくら私でも拒否するとしながら、
ユダヤとかフリーメーソンとかイルミナティとか通俗陰謀論でおなじみの「悪の元凶」は
みな本当のことだと抜かしやがる。いくら陰謀論を「権力者共同謀議はある論」と言いか
えたって駄目なものは駄目だ。conspiracy theoryがインチキ説だってことは、本場の
アメリカでだって同じだ。永久に知的市民権を得られない点に変わりはないんだぜ。
 


233: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 10:30:55.95


 誰 か ら も 相 手 に さ れ な く な っ た と 嘆 く な か れ 2 ち ゃ ん ね る で は 相 手 は 存 分


236: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/09/30(日) 14:46:13.54

副島サンよ。『陰謀論とは何か』の中では今年立て続けに出た反陰謀論の本について
少しは言及したのかね? 員簿論は正しいと言うのなら反陰謀論への批判があってしかる
べきだろ。このうち講談社現代新書の辻隆太朗の『世界の陰謀論を読み解く』はユダヤ、
フリーメーソン、イルミナティの「御三家」をめぐる陰謀論がいかに荒唐無稽かを立証し、
新潮新書の秦郁彦の『陰謀史観』は日本に関する陰謀論がいかに史実と反しているかが縷々
述べられている。スチネットのルーズヴェルト陰謀説なんかがいかにデタラメきわまりない
ものかが明らかだ。だがお前さんは辻も秦も受け入れられんのだろ。それは勝手だが、なぜ
受け入れられないのか、ちゃんと論拠を示したっていいんじゃないかね。それが出来ないのは、
専門家と議論するのが怖いからなんだろ、この卑怯者!


241: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/10/01(月) 10:47:27.95

副島のウイーク・ポイント、まともな読書人からは無視されていること。
近著のあとがきにいわく、最近はもう私が何を書いても相手にされなくなったと。
他方で彼は、自分が書いた(本当かよ、なにしろ30年間で120冊つまり年平均4冊だと
言うんだぜ。いかに代筆だらけってことだな)の半数以上は大型書店の週間ベストセラーに
なったと豪語している。まあ、扇情的な本というのは常に一定の阿呆の支持を得るだろうけどな。
今回の本だって、中には「先生の御著書に目が洗われる思いでした、スゴい名著です」などと
安感激のメールを送る者もいて不思議じゃない。けれどもそうした読者がクズだってことは、
副島自身がよおっく承知していることだ。ちゃんとした人間じゃないってな。だからこそ
「相手にされなくなった」などと珍しく弱音を吐くんだ。彼のような根っからの権威主義者には
アカデミックな支持が得られないことがどんなに屈辱か。でもこの屈辱は永遠に晴れないぜ。


245: 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 2012/10/01(月) 20:53:15.81

>>241
うまいこと言ってくれて有難う。



価格:¥ 777
著者:
テーマ:陰謀論
新書:218ページ
出版社:幻冬舎 (2012/9/28)
[ 2012/10/29 16:41 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(0) | CM(0)

日本よ!今地球運命の最底値からこう脱出せよ

日本よ!今地球運命の最底値からこう脱出せよ
神々の視座アース・アストロロジーで世界の動向すべてがわかる
著者:ウィリアム・スティックエバーズ、高島 康司

アセンションはすでに始まっている phase93
オカルト[作]2012-09-08 10:06
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1347066381


[ 2012/09/12 21:40 ] 書籍情報 | TB(-) | CM(-)

ムー 2012年 09月号

総力特集は星の秘教で読み解く出口王仁三郎の「神の経綸」大予言2012。2色刷り特集はルネサンスの絵画に隠されたUFOと異星人。さらに発火念力パイロキネシス事件をレポート。特別付録は金運上昇の効果がある伯家神道の秘儀による「五色人形符」。ほか、明治の知られざる「超能力行者」高橋宥明上人、エイリアン・オーパーツの謎、 「キルリアン写真」に挑戦!! など。

☆★☆ ムー 14冊目 ☆★☆
オカルト[作]2012-05-11 11:10
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1336702209/l50:TB

世界リセット計画 人類を支配する権力マフィア「陰謀録」 ベンジャミン・フルフォード

世界リセット計画 人類を支配する権力マフィア「陰謀録」
ベンジャミン・フルフォード著


[ 2012/08/07 17:02 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(-) | CM(0)

根深誠 イエティ ヒマラヤ最後の謎「雪男」の真実

1 : Ψ : 2012/07/18(水) 00:50:40.94 ID:A7oTMyWW0 [1/1回発言]  ヒマラヤの山岳地帯で現地調査を行ってきた、青森県弘前市の登山家、
根深誠さん(65)が、ヒマラヤ雪男(イエティ)の正体を、チベットヒグマとする調査結果をまとめた本「イエティ」を出版した。

 1951年、英国の探検隊は、撮影した未確認の動物の足跡から雪男の存在を発表。
別の探検隊が、現地の言い伝えを基に想像図を描いた。東洋の神秘的なイメージも手伝い、爆発的に世界へと広まった。

 現地の民族はヒグマの存在を知らず、雪男の存在を信じていた。
ヒグマが雪男の正体だと気付いていた登山家もいたが、「信仰を壊したくない」と公表しなかったという。

根深さんは「これで伝説に終止符を打った」。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120717/trd12071723550017-n1.htm


[ 2012/07/18 11:53 ] 書籍情報 | TB(0) | CM(0)

ムー 2012年 07月号 学研

総力特集は、知られざる天皇の忍者と黒幕の秘密結社。2色刷り特集は、青森のカミサマとして知られる霊能者、木村藤子。特別企画は、ケネディ大統領暗殺の真相とUFO。別冊特別付録は、貼るだけで金運がアップする宇宙エネルギー文字「天空書」シールです。

☆★☆ ムー 14冊目 ☆★☆
オカルト[作]2012-05-11 11:10
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1336702209/l50

[ 2012/06/13 16:04 ] 書籍情報 雑誌 | TB(1) | CM(0)

週刊 歴史のミステリー 改訂版 創刊号 2012年 5/29・6/5合併号

週刊 歴史のミステリー 改訂版 創刊号 2012年 5/29・6/5合併号

2008年1月15日創刊、1月29日から2009年12月22日まで毎週火曜日に発刊された同名の週刊誌の改訂版。

通常定価は税込で580円が創刊号のみ100円のいつもどおりのサービス。とはいえ、とくに安い(前回創刊時は190円でした)。

通説となっている歴史上の事柄について、異説・新説を加えて簡単に解説・考察。

基本的に有名な通説を否定しにかかるので、いきおい陰謀論的な色を帯びます。

しかし、その手の愛好家向けではなく、あくまで一般向けで、それもムーよりもさらにライトな感触で、本当に一般の人が娯楽や気分転換に楽しめる程度のテイスト。

第1号のメイン内容は、
本能寺の変の首謀者は誰だったのか?
イエス・キリストに子供は存在したのか?

といったいかにものものながら、そう深く突っ込むほどでもありません。

ただ、すでに間違いが指摘されている説や、偽書を拠り所にした説などをあたかも立派な学説のようにまともな説とごちゃ混ぜにしているので、この本の内容をそのまま真に受けると危険かもしれません。

陰謀論愛好家にとっては食い足りなく、物足りない本でしょうが、全ラインナップを見ると、怪しまれている歴史上の出来事の一覧表みたいになるので、ラインナップの確認をすると役に立つかも知れません(何の?)。

ラインナップ一覧

関連スレ
■週刊『歴史のミステリー』■
歴史難民[作]2008-01-17 20:03
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1200567801/l50

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/16(水) 01:25:38.10
ん?ん?
創刊号100円ポッキリじゃなかったっけ?

とりあえず100円なら買って読んでみっかな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/17(木) 23:20:55.06
CM見てあれ?これって前出てなかった?っと思ったらやっぱ以前出てたのと同じタイトルか。
表紙も見た覚えがある感じだが中身も同じか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/19(土) 01:46:00.81
>>23
完結したらまたスタートか

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/19(土) 20:20:42.80
改訂版てか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/22(火) 23:03:56.08
改訂したなら内容違うのか

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/23(水) 12:07:59.99
>>26
ガンダムも再販してたしな
天体模型全部あるけど組み立てるのマンドクセ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 14:39:25.22
近所の本屋どこも売り切れだった
買いに行くのが遅かったか

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/29(火) 22:13:12.39
近所の本屋どっさりあった。買っとこうかなと思いつつ内容おんなじ印象

価格¥100
雑誌
出版社: デアゴスティーニ・ジャパン; 週刊版 (2012/5/15)


[ 2012/05/31 08:24 ] 書籍情報 | TB(1) | CM(0)

オカルト 森達也

オカルト 森達也著

数年前から雑誌「本の旅人」で連載されていたコラム「職業欄はエスパー2」に大幅に加筆して出版。講談社ノンフィクション賞受賞後第1作。

オカルト業界人、オカルトスポットへの中立的な観点からのルポルタージュという姿勢。

第2弾とはいえ、愛好家なら誰でも身を乗り出すような人選で、この業界の奥深さを感じさせます?

表紙に出ている肩書だけでも「エスパー、心霊研究家、超心理学者、スピリチュアルワーカー、怪異蒐集家、陰陽師、UFO観測家、臨死体験者、メンタリスト etc.」…。

具体的には、清田益章、超能力者 秋山眞人、ダウザー 堤裕司、作家 木原浩勝、超心理学者 大谷宗司、石川幹人、意識・人類学者 蛭川立、スピリチュアルワーカー 荒川靜、メンタリスト DaiGoなど。みなさんご存知ですよね?

著者は常識では説明のつかない体験をする一方、大学での公開実験の失敗なども目の当たりにする。UFOも見ることはできなかった。

結局、「ない」とも「ある」とも断定できないまま、いや、そんなことをする必要もないまま、彼のオカルト業界迷路からのルポは今後も続くのでしょう。

著者:森達也
価格:¥1575
:オカルト:
単行本: 345ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/4/10)


[ 2012/05/29 11:39 ] 書籍情報 オカルト系 | TB(1) | CM(0)

2013年からムー大陸の再浮上が始まります 日本は縄文ムー国家として復活する! 光明

2013年からムー大陸の再浮上が始まります 日本は縄文ムー国家として復活する!
光明 (著)

これからの地球には巨大地震や津波、火山噴火が続く、さらに世界的な戦争も起こり、人類は激減する。しかし、2025年頃に「ムー大陸」が浮上、復活し、日本列島を中心にしたムー帝国により世界は救われる、と説く。

ヒカルランド社による新刊であり、このような本の愛好家にはそう珍しくもない?内容の本でしょうが、この本に関しては一般層からの注目も高いらしいことが目を引きます。



[ 2012/05/23 12:13 ] 書籍情報 | TB(1) | CM(0)

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 植草一秀

消費増税亡国論 三つの政治ペテンを糺す! 植草一秀著

ミラーマンこと植草一秀氏が、野田政権がうその情報をもとに必要のない消費増税や欺瞞に満ちた税と社会保障の一体改革をしようとしていると主張。真実を国民に知らせることで、彼らの思うようにはさせないというのが氏の意図。

正面から陰謀論の本というわけではありませんし、宇宙人も海外の財閥も登場しませんが、、マスコミがほとんど報道しないという内容を押し出すという意味で、情報操作の類の陰謀本ということもできましょう。

氏はこれらの情報の発表を命懸けの徹底告発だと言います。氏が隠し持っていたのは鏡だけではありません。

著者関連スレの一例:
【コラム】私は一切関与しておらず、驚愕している状--植草一秀(政治経済学者)/AIJ投資顧問の運用資産消失報道について [02/24]
ビジネスnews+[作]2012-02-24 12:37
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1330054671/l50

【植草一秀氏】野田首相が大増税へ邁進する理由とは?「政権が実質的に財務省にコントロールされている」
ビジネスnews+[作]2012-01-10 11:13
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1326161603/l50

価格:¥1,000
著者:植草一秀
:経済
新書: 368ページ
出版社: 飛鳥新社 (2012/4/18)


[ 2012/05/19 11:57 ] 書籍情報 政治・経済 | TB(0) | CM(0)

陰謀史観 秦郁彦

陰謀史観 秦郁彦著

明治維新、日露戦争、田中義一上奏文、張作霖爆殺、第2次世界大戦、東京裁判や日本の戦後占領政策、またナチス、コミンテルン、CIAの諜報やフリーメーソンなどについて囁かれる陰謀説を、日本とのかかわりについてを中心に懐疑的な観点から検証する本。著者の博覧強記と徹底した調査がその背景となる。

よく知らない人や信じていない人からすれば、「そうかやっぱり陰謀なんてないんだ。妄想なんだ」と思う方向に導かれるでしょう。

どうせ陰謀を信じている人はこうした「まともな見識」で否定されても、くじけないでしょうが。

どっちにしても陰謀論に関する基本的な資料本や、また、田母神氏などの最近の論なども扱っているので、そうした最新説?への否定派の動き・考えを知っておくためにも?愛好家必携の書でしょうか?

著者関連スレの例:
●● 秦郁彦氏を語るスレ2 ●●
日本近代史[作]2007-11-03 02:09
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1194023393/l50

価格:¥777
著者:秦郁彦
テーマ:陰謀論:懐疑
単行本: 256ページ
出版社: 新潮社 (2012/4/17)



[ 2012/05/18 12:24 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(1) | CM(0)

松尾貴史の「超常現象・都市伝説」 松尾貴史

「懐疑派」として知られるタレントによる、「懐疑的な論点からの」「超常現象・都市伝説」。

著者はテレビなどでもオカルト・超常現象懐疑派としてよく知られているだけに、この本を「超常現象・都市伝説」ガイドとして勘違いして買う人は少ないでしょう。

ただ、題名だけ見ると、「超常現象・都市伝説」ガイドのようにも見えるので、初心者?が間違えて買うこともあるでしょうか?

それでも、本の表紙をよく見ると、松尾貴史の「笑う」「超常現象・都市伝説」とあるので、ビリーバーの視点からの本ではないことはわかるようになっています。

内容的にはと学会やASIOSのように深く掘り下げて説明するというよりは、常識的、定説的なところからの反論のようになっているようで、上級者には食い足りないでしょうか?

まえがきにある、「振り込め詐欺やインチキ霊能者に騙されないくらいの懐疑精神を持ち合わせていたい」という著者の姿勢がすべての基本のようであり、世間の人にもそうなってもらえれば、こうした被害も減るだろうということでしょうか?

オカルトや超常現象を愛好しつつも、振り込め詐欺やインチキ霊能者にはひっかからないのが本当でしょう。

著者関連スレ
世田谷ラジウム発見、松尾貴史さん向かいに住んでいた
痛いニュース+[作]2011-10-14 22:50
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1318600231/l50

著者:松尾貴史
価格:¥ 680
単行本(ソフトカバー): 277ページ
出版社: PHP研究所 (2012/3/20)



[ 2012/05/15 12:26 ] 書籍情報 懐疑派 | TB(1) | CM(0)

日月神示 立直しの「超」暗号 中矢伸一

微量の放射線は全く問題なく、むしろ健康に寄与するという考えを基本に、放射線=怖いというのはうそであり、意図的につくられたものであるという主張。そして、これからの世の方向を日月神示研究の観点から導く、という内容。

副島隆彦氏をゲストに迎えた対談も収録し、ともに『放射線怖い派』を撃滅しようということで一致。

日月神示によれば、放射線の心配は無用で、「原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ」という。

もちろん、預言書に頼るばかりでなく、自然の放射線レベルが高い地域はがんが少ない、といった客観的なデータも使って議論。

さらに、放射線よりも活性酸素の害のほうが1000万倍も強いとして、本当に危険なものは別にある、という話も。

福島で今後10万人のがん発生説は大嘘であり、福島は大変なところではなく、以上のことに加え、むしろミロクは「福」の島から始まる!ので、福島の人は安心して欲しいということですが、この本を福島の人が読んだらどう思うでしょうか?

骨なし日本からの垂直転換
日月神示 立直しの「超」暗号
ミロクは「福」の島から始まる!
著者:中矢伸一

単行本: 320ページ 価格:¥1,785
出版社: ヒカルランド (2012/5/1)

[ 2012/05/13 11:32 ] 書籍情報 陰謀論 | TB(1) | CM(0)

欧米日 やらせの景気回復 副島隆彦

この円安・株高にだまされるな!つまりいずれこの状況は一変するということ。それは富裕層を一網打尽にするためだという…。“世界協調ジャブジャブ・マネー”という意図的現象によって…。

とはいえ、今回の本はいつもほどの歯切れはなく、断定感も弱め。その要因として、氏の最近の予測がうまく当たらなかったことと関連しているのかもしれない。

いつもの金を買え、銀を買えというのもなく、日本株の推奨を、特別付録・まだ上がっていない有望株20銘柄、として行っている。

陰謀論の愛好家向けというより、投資や運用を行っている人向け。まあ、そういうのをしないのなら、陰謀論を楽しむための周辺要素としても氏の本はチェックして楽しめるでしょう。

著者関連最新スレの一例:
【夢大陸】副島隆彦を語るスレ42【詐欺】
経済[作]2012-04-30 03:14
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/eco/1335723254/l50

単行本: 256ページ ¥1,680
出版社: 徳間書店; 46版 (2012/4/27)


[ 2012/05/10 12:07 ] 書籍情報 政治・経済 | TB(1) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。